オンラインで人間力を学んだ「木鶏会」

まなWEB鎌倉にも参加いただいている、Cotobacoの奈良珠季先生のご紹介で、致知出版社の「致知」をテキストに人間学を学ぶ「木鶏会」に参加しました。
参加方法は、オンライン会議システム「ZOOM」。
参加者は20名強でした。

松尾鎌倉市長をはじめ、鎌倉市内外でご活躍されている方々に加え、今回はテキストの内容が鈴木大拙氏についてということもあり、スペシャルゲストとして、臨済宗大本山 円覚寺の横田管長も参加されました。

一通りの説明がされた後、4~5名に分かれて記事の感想を共有します。
そしてそのフィードバック。「美点凝視」の精神でフィードバックするので、自己肯定力が高まる印象を持ちました。
そして、自分のどのような考えが、誰にどのように響くのかといった点も興味深いものでした。

その後、グループ代表者が内容を発表し、全体で共有します。
共感できる点、思いがけない視点。
たった一言で記事全体の内容が腑に落ちる発言。
自分の視野の狭さ、物事を俯瞰して捉えることの大切さを学びました。

リアルな場で開催されれば、また違う盛り上がりを見せるのでしょうが、オンラインだからこそご一緒できた方々も多く、参加者のリアルな声を聴くことができたのは、知見を広める上で、大変良い経験となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です